FX運用報告 2022年1月9日

ロシア・サンクトペテルブルクの風景 FXで高金利通貨を積み立てた結果
ロシア・サンクトペテルブルクの風景

年始は「米ドル/円」が約5年ぶり高値となる116.36まで急伸。昨年のスタートは103円付近でしたので単純に見てかなりドル高になっていることがわかります。長期予想では125円を目指すとの意見もちらほら、全体的にはドル高が継続するとの予想が優勢なようですが、私はこの手の予想はあまりあてにしません。
私が保有する通貨ペアでは「人民元/円」と「メキシコペソ/円」が好調。昨年11月の大幅下落から見事なV字回復をしました。これに伴い評価損益も回復、2022年はまずまずのスタートです。

2022年1月9日現在の運用状況、口座残高は以下の通りです。
※スマホ画面横向き推奨

直近の取引履歴 ※1Lot=1000通貨
通貨ペア 約定区分 売買 Lot数 新規約定値 決済約定値 pip損益 スポット損益 スワップ損益 取引損益
ZAR/JPY 新規 1 7.248
CNH/JPY 新規 1 18.133
MXN/JPY 新規 1 5.618
RUB/JPY 新規 1 1.545
通貨ペア別の運用状況 ※1Lot=1000通貨
通貨ペア 売Lot数 売値平均 買Lot数 買値平均 スポット損益 スワップ損益 評価損益
ZAR/JPY 0 0 11 7.521 -1175 1311 136
CNH/JPY 0 0 11 17.279 9036 975 10011
MXN/JPY 0 0 11 5.476 2124 1133 3257
RUB/JPY 0 0 11 1.511 1380 3112 4492
口座残高
資産合計 有効評価額 必要保証金額 スポット評価 スワップ評価 評価損益 有効比率(%) レバレッジ(倍)
100000 117896 26400 11365 6531 17896 446.57 4.33
タイトルとURLをコピーしました