FX運用報告 2022年2月6日

日本・の風景 FXで高金利通貨を積み立てた結果
日本・宇城の風景

収支の足を引っ張っていた「南アランド/円」が1月中旬から戻してきました。やはり南アフリカで猛威を振るっていた新型コロナウイルスが収束の方向に向かっていることが安心材料になっていると思います。一目均衡表(日足)を見ると雲を上抜けた後は下げてもすぐに戻す展開が続いているので、しばらくは底堅く推移すると期待も込めて予想します。
なお、今月も懲りずに同一通貨ペアを買い足しました。

2022年2月6日現在の運用状況、口座残高は以下の通りです。
※スマホ画面横向き推奨

直近の取引履歴 ※1Lot=1000通貨
通貨ペア 約定区分 売買 Lot数 新規約定値 決済約定値 pip損益 スポット損益 スワップ損益 取引損益
ZAR/JPY 新規 1 7.506
CNH/JPY 新規 1 18.014
MXN/JPY 新規 1 5.584
RUB/JPY 新規 1 1.499
通貨ペア別の運用状況 ※1Lot=1000通貨
通貨ペア 売Lot数 売値平均 買Lot数 買値平均 スポット損益 スワップ損益 評価損益
ZAR/JPY 0 0 12 7.520 -834 1568 734
CNH/JPY 0 0 12 17.340 9171 1055 10226
MXN/JPY 0 0 12 5.485 998 1355 2353
RUB/JPY 0 0 12 1.510 910 3794 4704
口座残高
資産合計 有効評価額 必要保証金額 スポット評価 スワップ評価 評価損益 有効比率(%) レバレッジ(倍)
110000 128017 30000 10245 7772 18017 426.72 4.34
タイトルとURLをコピーしました