FX運用報告 2022年3月6日

南アフリカ・ケープタウンの風景 FXで高金利通貨を積み立てた結果
南アフリカ・ケープタウンの風景

「露ルーブル」が逝きました。このため評価損益はマイナスに転じました。
短期間に「露ルーブル」が30%下落した事を受け、ロシア中央銀行は直ちに政策金利を従来の9.5%から20%に引き上げましたが効果は限定的でした。為替相場は混乱し、FX業者によっては「露ルーブル/円」のレート配信が止まり、一時は売買がまったく行えないという前代未聞の状況となりました。
今のところ、ロシアとウクライナの関係は改善の兆しがなく、このまま状況が悪化すると「露ルーブル」は本当に紙くず同然の価値になってしまうかもしません。

2022年3月6日現在の運用状況、口座残高は以下の通りです。
※スマホ画面横向き推奨

直近の取引履歴 ※1Lot=1000通貨
通貨ペア 約定区分 売買 Lot数 新規約定値 決済約定値 pip損益 スポット損益 スワップ損益 取引損益
ZAR/JPY 新規 1 7.503
CNH/JPY 新規 1 18.230
MXN/JPY 新規 1 5.613
通貨ペア別の運用状況 ※1Lot=1000通貨
通貨ペア 売Lot数 売値平均 買Lot数 買値平均 スポット損益 スワップ損益 評価損益
ZAR/JPY 0 0 13 7.519 -249 1797 1548
CNH/JPY 0 0 13 17.409 9696 1308 11004
MXN/JPY 0 0 13 5.495 -190 1593 1403
RUB/JPY 0 0 12 1.510 -74690 4028 -70662
口座残高
資産合計 有効評価額 必要保証金額 スポット評価 スワップ評価 評価損益 有効比率(%) レバレッジ(倍)
120000 63293 31500 -65433 8726 -56707 200.93 8.07
タイトルとURLをコピーしました