FX運用報告 2022年6月5日

日本・大阪の風景 FXで高金利通貨を積み立てた結果
日本・大阪の風景

「メキシコペソ/円」と「人民元/円」が上昇中。この二つの通貨ペアは新型コロナ流行前の水準を上抜けてから強い上昇トレンドが続いています。
特に「メキシコペソ」は、大手ヘッジファンドが年内に政策金利がさらに引き上げられるとの予想をしていますので、利上げ実施までは一時的に下がってもすぐに買いが入るパターンが継続すると思います。

2022年6月5日現在の運用状況、口座残高は以下の通りです。
※スマホ画面横向き推奨

直近の取引履歴 ※1Lot=1000通貨
通貨ペア 約定区分 売買 Lot数 新規約定値 決済約定値 pip損益 スポット損益 スワップ損益 取引損益
ZAR/JPY 新規 1 8.343
CNH/JPY 新規 1 19.370
MXN/JPY 新規 1 6.592
通貨ペア別の運用状況 ※1Lot=1000通貨
通貨ペア 売Lot数 売値平均 買Lot数 買値平均 スポット損益 スワップ損益 評価損益
ZAR/JPY 0 0 3 8.311 295 86 381
CNH/JPY 0 0 3 19.357 862 59 921
MXN/JPY 0 0 3 6.375 948 101 1049
口座残高
資産合計 有効評価額 必要保証金額 スポット評価 スワップ評価 評価損益 有効比率(%) レバレッジ(倍)
30000 32351 4500 2105 246 2351 718.91 3.22

タイトルとURLをコピーしました