FX運用報告 2021年7月4日

メキシコ・メキシコシティの風景 FXで高金利通貨を積み立てた結果
メキシコ・メキシコシティの風景

コロナ収束後に原油や天然ガスの需要が増加すると見込んで選んだ資源国通貨「露ルーブル/円」が期待以上の高リターンです。他の通貨ペアも下落する場面がありましたが、少し値が下がると一定の買いが入るようで、トータルの評価損益はプラスをキープしています。
今月もこれまでと同じ4つの通貨ペアのロングを追加。また、10000円を追加入金してレバレッジの上昇を抑えました。

2021年7月4日現在の運用状況、口座残高は以下の通りです。
※スマホ画面横向き推奨

直近の取引履歴 ※1Lot=1000通貨
通貨ペア 約定区分 売買 Lot数 新規約定値 決済約定値 pip損益 スポット損益 スワップ損益 取引損益
ZAR/JPY 新規 1 7.793
CNH/JPY 新規 1 17.235
MXN/JPY 新規 1 5.576
RUB/JPY 新規 1 1.530
通貨ペア別の運用状況 ※1Lot=1000通貨
通貨ペア 売Lot数 売値平均 買Lot数 買値平均 スポット損益 スワップ損益 評価損益
ZAR/JPY 0 0 5 7.671 566 206 772
CNH/JPY 0 0 5 16.995 776 139 915
MXN/JPY 0 0 5 5.473 702 166 868
RUB/JPY 0 0 5 1.479 1790 338 2128
口座残高
資産合計 有効評価額 必要保証金額 スポット評価 スワップ評価 評価損益 有効比率(%) レバレッジ(倍)
40000 44683 12000 3834 849 4683 372.35 5.11

タイトルとURLをコピーしました